2018年 10月 15日 (月)

空自ヘリ墜落で捜索続く ドアとヘルメット発見

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2017年10月17日に、静岡県浜松市の沖合で墜落したとみられる航空自衛隊浜松基地所属の救難ヘリコプター「UH60J」1機の捜索が、18日も続いている。

   各メディアの報道によると、同機は夜間の捜索訓練を行っていたとのことだが、浜松基地から南に約31キロの太平洋上でレーダーが途絶えた。

   これまでの捜索で消息を絶った海上付近で「航空自衛隊」と書かれたドアと、乗務員のものとみられるヘルメット3個が見つかったという。機長の花房明寛3佐を含む4人の自衛隊員が搭乗していたが、18日13時の時点で発見されていない。防衛省は海上保安庁や民間の船舶と共に捜索を続けている。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...