「けもフレ」たつき監督が新作アニメ公開 「うぉぉぉぉ!待ってたよ」「この世界観が大好き」

印刷

   2017年の大ヒットアニメ「けものフレンズ」の監督として知られるアニメ監督「たつき監督」が、2017年10月23日、新作アニメーションを公開した。

   投稿には24日10時時点で6万以上の「いいね」がつけられており、アニメファンから感謝と興奮のコメントが殺到している。

  • けものフレンズプロジェクトの公式サイト
    けものフレンズプロジェクトの公式サイト
  • たつき監督がツイッター上に新作アニメーションを公開(画像はたつき監督のツイッターより)
    たつき監督がツイッター上に新作アニメーションを公開(画像はたつき監督のツイッターより)

「みんな"たつき監督の作った"作品を待っています」

   たつき監督は、

「秋なので、、」

というコメントとともに、2分18秒の新作アニメーションをツイッターに公開した。

   アニメファンからは

「わーい!」
「新作待ってました!」
「ありがとう!」
「うぉぉぉぉ!待ってたよよよ」

と歓喜の声が相次いでいる。

   たつき監督は8月15日にも「夏なので、息抜きのアニメ作りました」と、1分35秒の作品を公開しており、今回投稿された作品はその作品と登場人物と世界観が同じもの。また、どちらの投稿にも「♯傾福さん」というハッシュタグがつけられていることから、2つは同じシリーズの作品だと考えられる。

   アニメでは、緑の長い髪の少女がマンタのような生命体とともに、鳥居や廃墟のある世界を探索する姿が描かれている。

「この世界観、大好きです!」
「世界観がとっても素晴らしいです!」

と、「けものフレンズ」で見せたようなどこか哀愁や伏線を感じさせる独特の世界観はまたもファンを魅了しているようだ。

   「けものフレンズ」は7月にアニメ2期の製作決定が発表されたが、9月にたつき監督がツイッターで「けものフレンズのアニメから外れる事になりました」と発言したことをきっかけに、ファンからアニメの製作委員会(けものフレンズプロジェクトA)へクレームが殺到するといった事態が起きた。この騒動を受けて製作委員会は、たつき監督の降板について、たつき監督が所属するアニメーション制作会社のヤオヨロズ間で条件の不一致があったためと説明。今後については現在製作委員会とヤオヨロズが話し合いをしている最中で、たつき監督が「けものフレンズ」のアニメ2期に参加するかどうかは明らかになっていない。

   今後「けものフレンズ」にたつき監督が参加しない可能性もある中で、

「たとえけもフレじゃなくてもみんな"たつき監督の作った"作品を待っています」
「これからも活動頑張ってください!」
「ずっと応援し続けます!」

など、アニメ監督としてのたつき監督の今後の活躍に、温かいエールが多数寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中