「●年後に離婚」を約束「離婚約」 「素晴らしい」VS「どんな苦行だよ」

印刷

   婚約ならぬ「離婚約」という言葉をご存知だろうか。お笑いトリオ「インスタントジョンソン」のじゃいさん(45)がテレビで使い、注目を集めている。「離婚の約束をしながらも家族として生活するスタイル」なのだそうだ。

   じゃいさんは2017年5月、妻と離婚約状態にあることをブログで明かした。当時から反響を呼んでいたが、今回テレビで紹介されたことで改めて注目された。

  • インスタントジョンソン・じゃいさん、4年後に離婚(画像はイメージ)
    インスタントジョンソン・じゃいさん、4年後に離婚(画像はイメージ)

「4年後に出ていきます」

   じゃいさんは5月15日、ブログでこう打ち明けた。

「今現在、結婚して10年が経った。そして、いま2歳の息子が小学校へ入る4年後に離婚をするという、離婚約をしている」

   妻とは交際期間を含めると25年の付き合いで、2009年に長男、2014年に次男が誕生している。じゃいさんは妻の「嫌いなところは一切ない」が、妻はじゃいさんを「顔を見ても大丈夫なくらい嫌い(顔も見たくないほどではない)」だという。

   この告白はネットニュースなどでも取り上げられるなど注目を集め、今年8月には『離婚約』(双葉社)という著書も出版された。

   そして2017年10月24日放送の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、じゃいさんが生出演して離婚約について語った。今年3月、妻から「4年後に出ていきます。正式に離婚します。あなたが嫌い」と告げられたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中