2018年 12月 12日 (水)

マッサージロボットが気持ちよすぎ
 AIが患者ごとに力を加減

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   グリグリ部分が回転し背中のコリをほぐす通販のマッサージ器とは、はるかにレベルが違う。――AI(人工知能)で制御されたアームが的確に患者のツボを探り当て、背中や腰の痛みを軽くする「ロボットマッサージ師」がシンガポールに登場した。

   しかも、中国伝統医学「中医学」にのっとった中国式マッサージを施術。経験豊富なプロのマッサージ師とほとんど区別がつかない心地よさという。

  • 患者(向こう側ベッド上)を施術中の「エンマ」(南洋理工大学のプレスリリースより)
    患者(向こう側ベッド上)を施術中の「エンマ」(南洋理工大学のプレスリリースより)

シンガポールの大学が開発、中医学の診療所で施術

   この「ロボットマッサージ師」の名は「エンマ」(Emma)。シンガポールの南洋理工大学の研究者が立ち上げたベンチャー企業「アイトリート」(AiTreat)が開発した。南洋理工大学のプレスリリースによると、実際に2017年10月9日から中医学のクリニックで「治療」を始めている。人間の手のひらと親指を模したアームの先端を動かし、背中や腰に対して「推拿」(すいな)と呼ばれる中国式マッサージを行う。

   「エンマ」には患者の腱や筋肉の硬さを感知するセンサーが装備されている。中医学の知見や膨大な患者の治療データが記憶されており、AI(人工知能)がそれぞれの患者ごとに最適な力加減を指示する仕組みだ。アームの先端はシリコン製で柔らかく、温めて使うため、プロのマッサージ師による施術と同じような心地よさを感じる。

   開発チームリーダーのアルバート・チャン氏は、プレスリリースの中でこう語っている。

   「マッサージは労働集約的な作業で、大きな労力と時間、コストがかかります。背中や腰など大きな力を要するマッサージをエンマに任せている間に、マッサージ師はエンマには対応できない首や手足、関節部分などの細かなマッサージに集中することができます。エンマがマッサージ師2人分の仕事をこなすことができるため、患者が支払う治療費が約半分に減り、クリニック側もマッサージ師の人件費を6割も減らすことができました。低コストで質の高い治療を提供できる一石二鳥のマシンです」

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中