新「国民的美少女」井本彩花インタビュー 憧れは武井咲、その「出会い」とは...

印刷

   数々の大女優を輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」で、15代目のグランプリに輝いた京都府出身の中学2年生・井本彩花さん(14)。8万人を超える応募者の頂点に立ち、一躍「スター候補生」となった。

   2017年8月初旬に行われたコンテスト本選から約2か月。彼女の生活や心境はグランプリ受賞でどう変わったのか。J-CASTニュースが聞いた。

  • 井本彩花さん(2017年10月撮影)
    井本彩花さん(2017年10月撮影)
  • スラリと伸びた長い手足が印象的だ(2017年10月撮影)
    スラリと伸びた長い手足が印象的だ(2017年10月撮影)

コンテストは「全然緊張しなかった」

   ――グランプリを受賞したときの心境について、改めて振り返ってください。

「本当にビックリしました(笑)。ステージの上で名前を読み上げられたときは、正直あまり実感が湧かなかったのですが、コンテストが終わった後に嬉しさが込み上げてきました。最初に受賞を報告したのは、お母さんです」

   ――そもそも、なぜ美少女コンテストに応募しようと?

「もともと、女優になるのが夢でした。コンテストの応募を勧めてくれたのはお母さんです。『美少女コンテストを受けてみない?』って言われたので、それで応募してみようと決めました」

   ――8月8日の本選のステージに上がるまで、どのような審査があったんでしょうか。

「まず書類審査があって、次にカメラ審査。最後に面接がありましたね。また本選の前には出場者が集まる合宿もありました。合宿では全然ライバル意識とかはなくて、みんな友達みたいな感じでした」

   ――やっぱり、本選のステージは緊張しました?

「ステージの上では全然緊張しませんでした。昔からバレエをやっているので、舞台に立つことに慣れていたからかも。でも、舞台裏で待ってるとき、本当は心臓バクバクでしたね(笑)」

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中