プロ野球ソフトバンクが2年ぶり日本シリーズ優勝

印刷

   プロ野球の福岡ソフトバンク・ホークスは2017年11月4日、福岡市のヤフオクドームで横浜DeNA・ベイスターズと日本シリーズ第6戦を戦い、延長11回4-3でサヨナラ勝ち、対戦成績を4勝2敗として2年ぶりの日本1に輝いた。

   試合はDeNAが3-2でリードした9回ウラ、ソフトバンクの内川聖一がソロ本塁打を放って土壇場で同点に追いつき、11回ウラ、川島慶三が2死一、二塁から右前安打を放って劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中