2018年 10月 24日 (水)

浅草の「金色のうんこ」が消えた...!? ネットでは「海に流れた?」「寂しいです」と話題に

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   通称「金色のうんこ」が消えた...!?、などと2017年11月5日にネット上でちょっとした騒ぎになった。東京・浅草から見えるアサヒグループの「スーパードライホール」屋上オブジェのことだ。

   ツイッター上ではそうした写真が多数出回って、「やっぱりあれはウンコだったのですか?」「海へ流れていったのか?」などといった感想が出た。どうしてあのオブジェは消えてしまったのか。

  • @dragonriver2さん提供(17年11月5日のツイッター)
    @dragonriver2さん提供(17年11月5日のツイッター)
  • 普段はこう見えている
    普段はこう見えている

東京オリンピックが関係してるのでは...

「浅草の金色のウンコが無くなってる」

というツイートと写真が5日にネット上に拡散し、まとめサイトまで登場した。 驚いた人たちは、

「あわあわ??」
「何かわからないけど、寂しいです」
「今東京湾です」
「あれは一応聖火ですから、東京オリンピックが近づいてる事が関係してるのでは...」

などといった憶測が流れた。このオブジェは「スーパードライホール」屋上にあったもので、浅草の名所の一つだ。その形から通称「金色のうんこ」とファンから愛されているが、正式名称は「フラムドール」(フランス語で金の炎)。1989年にアサヒビール創業100周年を記念しフランスのデザイナーのフィリップ・スタルク氏がデザインを担当した。

   11月5日のツイートが出ると、それ以前に撮影したものだという写真が次々にネット上にアップされることになった。それは、「フラムドール」の周りに塀が建てられ、オブジェの一部だけが見える、というものだった。

   J-CASTニュースが7日にアサヒグループホールディングス広報に話を聞いてみた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...