2020年 2月 23日 (日)

ピーナッツは薄皮ごと食べると健康長寿 お汁粉・鍋・生落花生...美味しいレシピ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

【あさイチ】(NHK)2017年11月6日放送
ピーナッツ・見直される実力! 病気・老化の原因除去

   日本ではおやつや酒のつまみに食べられることが多いピーナッツ(落花生)。近年、欧米では論文が4000以上も出されるほど、健康長寿の食材として注目を集めている。ハリウッド女優やトップモデルたちにもダイエットのために日常的に食べる人が多い。

   秘密はピーナッツの薄皮に含まれる特殊なポリフェノール。病気や老化の元凶となる活性酸素を除去してくれるのだ。番組では効果がアップするレシピの数々や今ひそかにブームとなっている生ピーナッツの食べ方を紹介する。

  • 旬の生ピーナッツが人気だ
    旬の生ピーナッツが人気だ

細胞の遺伝子にまで働き、若返り効果が

   ナッツ類の栄養を研究している慶応義塾大学教授の井上浩義さんは、この20年間、健康のために毎日3食ピーナッツを食べ続けている。そのせいか、56歳だが髪は黒々、顔はツヤツヤで若々しい。番組では冒頭、ピーナッツにつきものの3つの「悪いイメージ」について、井上教授に聞いた。

   (1)ピーナッツは太る。

   (2)ニキビ・吹き出物が出る。

   (3)鼻血が出る。

   柳澤秀夫解説委員「この3つは小さい頃から聞かされてきました。今さら、ナシにして健康食品ですよと言われても、にわかに信じられません」

   井上教授「ピーナッツは半分が油ですから、カロリーが高いのは事実。しかし、オレイン酸という良質な油なので脂肪になりにくい。臨床研究が進められた結果、太るということはありません。ニキビなどについては、思春期にはどの油も摂りすぎては吹き出物が出ます。大量に摂りすぎない限り大丈夫です。鼻血については、チョコレート同様、まったく根拠がありません」

   井上教授によると、ピーナッツの抗酸化力は同じナッツ類のアーモンドやクルミなどと比べ、3~4倍も高いことがわかってきた。そのパワーの秘密はピーナッツの薄皮にある。薄皮はポリフェノールの宝庫で、中でも海外の研究者に大注目されているのが「レスベラトロール」だ。普通のポリフェノールは、体の細胞の中には入れない。細胞の外側で老化や病気の原因となる活性酸素から細胞を守っている。

   ところが、レスベラトロールは細胞膜を通り抜け、細胞の中にまで入り込む。細胞内の活性酸素を退治するばかりか、遺伝子に直接働きかけて老化のスピードを緩めてくれる。体の中から若返り効果が期待できるのだ。ただし、レスベラトロールはピーナッツの実にはほとんどなく、薄皮に多く含まれている。だから、皮ごと食べるのがコツだ。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中