2020年 1月 26日 (日)

米国でサマータイム廃止議論 健康への害や交通事故増加を指摘する声も

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

サマータイムの利点を指摘する声もあるが

   DSTにはネガティブな意見だけでなく、肯定的な意見もある。昼間が長くなることで犯罪が抑制される、小売店の利用者が増加し経済活動向上に貢献する、といったものだ。

   ニューハンプシャー州やコネチカット州でもDSTの廃止が検討されたが、上記のような肯定意見に反対され廃止に至らなかったと「ロサンゼルス・タイムズ」紙は伝えている。

   しかし、マサチューセッツ州議会議員のアイリーン・ドナヒュー氏はCBSの取材に対し、

「慎重な調査からDSTを廃止しても犯罪を抑え、経済活動を維持し、省エネルギーも実現できることを確認している。すぐに急激な変化をせよとは求めないが、DSTの有無は議論に値するテーマだ」

とコメント。議会での議論を通してDSTのあり方を問うていく姿勢を見せている。

   数年先には米国でもサマータイムが過去に話になっているのかもしれない。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中