2018年 8月 21日 (火)

薬を正しく飲んだか、胃の中でセンサー発信 大塚製薬が世界初「デジタル錠剤」を開発

印刷

   大塚製薬は2017年11月14日、錠剤に埋め込んだ微小なセンサーが薬を飲んだかどうかを知らせる同社の「デジタル錠剤」が、世界で初めて米FDA(食品医薬品局)に承認されたと発表した。

   承認を得たのは、抗精神病薬「エビリファイ」(一般名・アリピプラゾール)の錠剤に極小センサーを埋め込んだ「エビリファイ・マイサイト」。センサーは米プロテウス・デジタル・ヘルス社が手がけた。

  • 薬を飲んでいるか、錠剤の極小センサーでわかる(写真はイメージです)
    薬を飲んでいるか、錠剤の極小センサーでわかる(写真はイメージです)

薬の中に極小センサー、消化・吸収されず排泄

   大塚製薬の発表資料によると、「エビリファイ・マイサイト」は統合失調症や重度のうつ病などの精神疾患の患者向けの薬だ。錠剤を服用すると、胃液に触れたセンサーがシグナルを発信、患者の体に貼り付けたシグナル検出器「マイサイト・パッチ」がデータを受信する。パッチは服薬した日時のほか、患者の活動状況なども記録し、専用の「マイサイト・アプリ」に送信する。アプリには睡眠や気分などを患者が入力することができ、患者の同意があれば、家族や担当医師・看護師、介護者とも情報を共有できる。センサーは、体内で消化・吸収されず、そのまま体外に排泄されるので無害だ。

   統合失調症患者の患者は、6割が薬を規則正しく飲んでいないという調査があり、再発の大きな原因となっているため、服薬状況の把握が課題だった。大塚製薬の樋口達夫社長は発表資料の中で、「服薬状況を客観的に把握することで、重篤な精神疾患の患者さんのより適切な治療に貢献していきたい」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中