2019年 9月 23日 (月)

作者も「信じられない」! ツイッターに漫画投稿したら...→6日後、書籍化決定

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   漫画家のカメントツさん(31)がツイッターに掲載している「こぐまのケーキ屋さん」シリーズの書籍化が、第1話の公開からたった6日で決まった。2017年11月15日、カメントツさん本人がツイッターで明かした。

   J-CASTニュースの取材に、カメントツさんは「これまでも漫画家として活動してきましたが、こんなことは初めてでとにかく驚いています」とコメント。なんと、第1話をアップした段階で、複数の出版社から書籍化や連載のオファーが届いたというのだ。

  • こぐまが「かわいすぎる!」と話題(カメントツさん提供)
    こぐまが「かわいすぎる!」と話題(カメントツさん提供)
  • 11月10日公開の「ごひゃくえんだま」(カメントツさん提供)
    11月10日公開の「ごひゃくえんだま」(カメントツさん提供)

「癒される」世界観で話題に

   カメントツさんは、「月刊少年サンデー」(小学館)で連載していた「カメントツの漫画ならず道」などの作品で知られる漫画家。潜入取材やインタビューなどの体当たりルポが人気で、ウェブメディア「オモコロ」などではWebライターとしても活躍している。

    そんな「ルポ漫画家」のイメージが強いカメントツさんが、11月9日にツイッターで公開したのが、「こぐまのケーキ屋さん」という作品だ。

   主人公はケーキ屋を営む「こぐま」。テディベアのような可愛らしい見た目で、白いコック帽を被ったキャラクターだ。ストーリーは1話完結で、こぐまと「お客さん」のほんわかとしたやり取りが描かれている。

   愛らしいこぐまのキャラクターと優しい世界観が「癒される」とツイッターで大きな話題となり、1話の投稿には11万回以上のリツイート、25万件以上の「いいね」が集まった(17日昼時点)。その後も、新作が公開されるたびに大きな反響を呼び、著名人もツイッターで次のように反応している。

「ああんもうかわいいなぁ」(「AAA」日高光啓さん)
「いやぁ、ツイッターに欠かせなくなってるなぁ」(糸井重里さん)
「カメントツが『こぐまのケーキ屋さん』というもの凄くいい漫画を描いていて、1話目から心にググッときた」(漫画家・島本和彦さん)

   こうした「こぐまのケーキ屋さん」について、カメントツさんは15日のツイッターで、

「みなさまの応援のおかげでこぐまの本が出ることが決まりました!こんなに早いとは思っていませんでした...本当にありがとう!」

とイラスト付きで報告。なんと、1話の公開からたった6日で書籍化が決定したというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中