在沖米軍トップ、翁長知事に謝罪 在日米軍人に「禁酒」指令

印刷

   飲酒運転の米海兵隊員が沖縄県那覇市で死亡事故を起こし逮捕される事件を起こし、在沖縄米軍トップのニコルソン四軍調整官は2017年11月20日、沖縄県庁で翁長雄志知事と面会して謝罪した。

   ニコルソン氏は「深くお詫び申し上げます」と頭を下げ、遺族に哀悼の意を示した上で、再発防止に努めると強調した。翁長知事は「今のような状況では、『綱紀粛正、再発防止に努めます』と言われても県民は信用できない」と述べた。

   在日米軍司令部は事件を受け20日、日本国内に駐留する全ての米軍人に基地内を含めた飲酒と酒の購入を禁止した。沖縄に駐留する兵士には、これに加え、基地と自宅以外の場所への出入りも禁じた。期限は定めていない。

   この事件は19日、那覇市の国道で米軍のトラックと衝突した軽トラックの運転手(61)が死亡したもの。米海兵隊の牧港補給地区に所属する上等兵、ニコラス・ジェームズマクリーン容疑者(21)が過失運転致死と酒気帯び運転の疑いで沖縄県警に逮捕された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中