新天皇「5月1日即位」なら国民に明暗 「GW消滅確定」「10連休が発生するかも」

印刷

   天皇陛下の退位日程を協議する皇室会議にさきがけ、メディア各社は、統一地方選を考慮した「2019年4月30日退位、5月1日新天皇即位・改元」を有力な候補として報じている。

   仮にこのスケジュールになれば、世間はゴールデンウィーク(GW)のど真ん中。元号変更で多忙になりそうな人々が嘆く一方で、連休が長くなるのではと喜ぶ人もいる。

  • 各紙は「5月即位」を1面に掲げた
    各紙は「5月即位」を1面に掲げた

「SEに休みはない」

   ツイッターで目立つのは、改元によってシステム改修が予想されるIT業界について。いざという時に対応できるよう、システムエンジニア(SE)などは5月1日前後に出勤することになるのでは、との嘆きが多数投稿されている。

「再来年のGW、SEに休みはない」
「システム屋さんはGWが無くなっちゃうよ」
「ワイIT系、再来年のGW消滅が確定」
「そうか、再来年はGW連休取れないエンジニアが大発生するんだな」

   一方で、「5月1日改元」に期待している人もいる。天皇陛下が「即位礼正殿の儀」を行った1990年11月12日は、この年だけの休日になった。これにならって、19年5月1日も休日になるのでは、と予想する声だ。なお「国民の祝日に関する法律」では、

「その前日及び翌日が『国民の祝日』である日(『国民の祝日』でない日に限る。)は、休日とする」

と定められており、もし5月1日が「国民の祝日」と同等の扱いになれば、昭和の日とはさまれる4月30日、憲法記念日とはさまれる5月2日も休みになり、土日を合わせて10連休になるのでは、との指摘も出ている。

「10連休が発生するかもしれないのか」
「祝日になるとすこぶるありがたいんだが」
「4月27日から5月6日まで10連休になってしまうかも?」

新聞各紙は「5月有力」

   皇室会議は17年12月1日に非公開で行われる。各社報道によると、5月案以外にも「3月31日退位、4月1日即位・改元」も政府案としてあるとされるが、11月23日の新聞各紙朝刊(東京版)は、1面で朝日、読売、毎日、日経と「5月有力」と報じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中