どん兵衛の「そば」が「うどん」に化けた なぜ間違えた?日清に聞くと...

印刷

   日清食品のカップ麺「どん兵衛」で、そばの一部商品にうどんのカップが使われていたことが分かり、自主回収が発表された。

   そばアレルギーの人は食べないよう呼びかけられているが、ネタにできるなどと関心を持つ人もいるようだ。

  • 取り違えた商品(左)と通常のどん兵衛
    取り違えた商品(左)と通常のどん兵衛

「蕎麦アレルギーとかあるから笑って済まされんぞ」

   取り違えがあったのは、「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば」。日清食品が2017年11月22日にホームページ上で行った発表によると、この商品の一部でカップに「日清御膳 肉だしうどん」と表記されていた。

   11月10日に製造され、18年5月10日が賞味期限になる864個分が、今回の回収対象だ。発表では、「そばアレルギーの方はお召し上がりにならないよう十分ご注意ください」と呼びかけている。

   報道によると、購入客から「フタとカップの表記が違う」などと問い合わせがあったことから発覚した。製造工場で、オペレーターが864個入り1ケースごと取り違え、「鴨だしねぎ太そば」のラインに「肉だしうどん」のカップを入れてしまったという。

   ネット掲示板などでは、「蕎麦アレルギーとかあるから笑って済まされんぞ」「これ相当にダメなミスじゃ?」「検査体制はどうなってるんだろうね」と厳しい意見が書き込まれている。

   その一方で、うどんがそばに化けたような商品に関心が寄せられ、「レアもの」「ちょっと欲しい」「プレミア付きそう」といった声も漏れている。

「デザインが酷似していたため...」

   ヤフーオークションでは、11月24日昼過ぎ時点で、取り違えの該当商品について検索しても出てこなかった。ただ、「どん兵衛 レア」「どん兵衛 回収」などが検索候補ワードに出てくるため、関心を持つ人は多いようだ。

   日清食品ホールディングスの広報部は24日昼過ぎ、J-CASTニュースの取材に対し、ヤフオクやメルカリなどに転売されているかについて、「そのような情報は把握しておりません」と答えた。

   どのぐらい自主回収できたかについて、具体的な件数は公表していないという。健康被害については、問い合わせはまだないとしている。

   そばとうどんのケース取り違えになぜ気付かなかったのかについては、こう説明している。

「今回は、そのケースデザインが酷似していたため、誤って別商品のカップ容器を製造ラインに投入したために発生したものです。さらに中のカップ容器の色も似ていたため、発見されずに出荷されてしまいました。これまでは一定の頻度で抜き取り調査を行っていましたが、今後はカップ全数検査をする仕組みの導入などを検討し、再発防止に努めさせていただきます」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中