大阪市長「信頼関係は完全に破壊」 慰安婦像めぐり姉妹都市解消を表明

印刷

   米サンフランシスコ市のエドウィン・M・リー市長が慰安婦像と碑文の寄贈の受け入れを承認した問題で、大阪市の吉村洋文市長は2017年11月24日、姉妹都市関係を解消すると表明した。12月中に解消する考えだ。

   吉村市長は記者団に対し、サンフランシスコ市の対応は「政治的バッシング」だと非難し、「信頼関係は完全に破壊された」と憤った。関係解消は「日本の国益だと思う」とも述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中