滝沢カレンが「職人」軽視発言? 「裏方ってわきまえて...」

印刷

   タレント・滝沢カレンさん(25)が、ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合)で「滝沢節」を連発し、物議を醸している。

   2017年11月23日の放送回では「職人」たちを特集したが、インタビュー内容が「失礼すぎる」として不愉快に感じた人がいたようだ。

  • 「プロフェッショナル~」の公式ツイッターより
    「プロフェッショナル~」の公式ツイッターより

4字熟語で流儀を表現

   この日は、「京都・舞妓スペシャル 美と心はこうして作られる」と題し、舞妓を支える職人たちに密着。独特な言葉選びで人気の滝沢さんを特別ゲストに招き、滝沢さん自身が職人のもとを訪ね、「仕事の流儀」を探った。

   バラエティを中心に活躍する滝沢さんの起用について、番組公式ツイッターは放送直後、

「不安視する声もありますが、ご安心を!ご本人は『言葉の引き出しを間違えてしまう』とおっしゃっていましたが、たくさんの本を読まれる勉強家。どんな流儀をカレンさんが引き出すか、ご注目!」

とつづっていたが、番組冒頭で早くもその不安が的中した。

   「プロフェッショナル」が大好きと話す滝沢さん。自身の仕事の流儀を聞かれ、

「流儀って何ですか?」「スローガンみたいな?」

とさっそく持ち味を披露。

   その後の職人たちへの取材でも手を緩めない。「花かんざし職人」とのインタビューでは、番組スタッフから職人の「仕事の流儀」を言い当てるよう振られ、

「信念指先」

とズバリ。「ただ器用な感じだと申し訳ない」として「一流頑固」と言い直したが、職人は終始苦笑いだった。

   また、「帯職人」へのインタビューでは、「裏方愉快」と言い、その理由を

「裏方なのに愉快な人っていたんだっということで。裏方は顔を出さない、顔を引っ込めるので有名ですけど顔を出した時にこんなに愉快だったんだって」

と説明。「いつまでもその愉快を忘れないでほしいし、でも裏方ってこともしっかりわきまえてこれからも頑張ってほしいな」とメッセージを送った。

「見てるこっちは不愉快です」「滝沢カレン毎週出たらええのに」

   こうした一連の「滝沢節」に違和感を覚えた人は多かったようで、ツイッターでは

「その職人さんが言う流儀が大事なのに、なんで滝沢カレンにつけさせるのか」
「裏方愉快?見てるこっちは不愉快です」

など、怒りを交えた声が続出。

   そのほか、

「おっさんどもが若い層狙って滝沢カレン出したんだろうけど不快...」
「滝沢カレンを起用したスタッフがプロフェッショナルでなかったということ」

と、NHKの人選を疑問視する声もあがった。

   とはいえ、視聴者から出ているのは否定的な感想ばかりではなく、

「滝沢カレン毎週出たらええのに」
「NHKの新しい挑戦を感じます。滝沢カレンさんのコメントは舞妓さんの仕事や京都の伝統を損なっておらず、ちょっとしたエッセンスになってます」

などと好意的な意見も少なくない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中