店舗ドアに「中国の方出入り禁止」 中国ネット大荒れ、ポーラが謝罪

印刷

   化粧品メーカー大手のポーラの販売委託店舗が、ドアの部分に「中国の方出入り禁止」と書いた紙を貼っているとし、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」にその写真がアップされ中国国内で大騒ぎになった。

   ポーラはすぐさまその情報をキャッチし店舗を特定、翌日に謝罪文をHPに掲載したが、なぜ地方の店舗でこうしたことが起き、中国のSNSで拡散することになったのかは謎だ。

  • 「微博(ウェイボー)」にアップされた写真
    「微博(ウェイボー)」にアップされた写真

張り紙の写真がアップされた

   2017年11月24日、ウェイボーに愛知県半田市にある日本のポーラフランチャイズ店舗が公然と中国人を差別している、とし、店舗の入り口と思われるドアに「中国の方出入り禁止」との張り紙がある写真がアップされた。

「多くの在日の中国企業、中国のポーラエージェントは、ポーラ本部に個人的に苦情を申し立てており、間違いの修正と謝罪を求めています」

と中国語で書かれている。

   これが中国で拡散され大騒ぎとなり、ウェイボーには「ポーラは買わないことにする」などといったコメントが書き込まれた。騒動はまだ日本のネットには飛び火していなかったが、投稿翌日の25日、ポーラは公式HP上に、

「弊社店舗における、お客さまへの不適切な貼り紙につきまして、多くの皆さまにご不快な思いとご迷惑をおかけしておりますことを、誠に申し訳なく遺憾に思っております」

との謝罪文を掲載した。すでに店舗は特定していて、営業停止処分にすると書かれている。このポーラの謝罪によって何が起きたのかを初めて知ることになったわけだが、同時に様々な疑問が噴出することになった。写真を見て「日本語が読めるのか?」「誰がいつ撮った写真なんだ?」「元々の被害者は店側じゃないのか?」などといったことだ。

   J-CASTニュースは17年11月27日にポーラ・オルビス ホールディングスに取材した。

「個人的な人間関係に起因したもの」

   まず、ウェイボーにアップされた記事と写真の発見から、店舗の特定、調査、謝罪まで短時間に行えたことに関しては、発見したのは社員なのだが、発見に至る経緯はまだよく分かっていない、という。ただし、あってはいけない行為のため早急に騒ぎを押さえるため迅速に動いた、としている。ではどうして店主は「中国の方出入り禁止」と張り紙をしたのか。同社広報は取材に対し、中国の人全部に向けた告知だされているが、それは全くの誤解であり、店主も非常に驚いていて、そのような誤解を招く失礼な行為だったと反省しているという。張り紙をした理由は、

「個人的な人間関係に起因したものであり、特定の人物に向け張り紙をし、拒否を表明した、ということでした」

と説明した。いつからこの張り紙をしたのかについては、本社の店舗指導員が最低でも月に2、3度は店を訪れ、このような張り紙があったら直ぐに剥がすため、最近のことだろうと思う、と話していた。そして、

「なぜ、中国のSNSに?と困惑している状況です」

と打ち明けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中