読売新聞記者、強制わいせつ容疑で逮捕 本社広報部「重く受け止め」

印刷

   読売新聞北海道支社の編集部記者、宗村元容疑者(30)が女性の胸や下半身を触ったなどとして2017年11月25日、強制わいせつ罪の容疑で逮捕された。

   事件当時の状況について、各社の報道によれば、宗村容疑者は2017年6月3日午前4時ごろ、東京都葛飾区内の路上で面識のない20代の女性の胸や下半身を触った疑いが持たれている。

   J-CASTニュースが読売新聞グループ本社広報部に27日、今回の件について取材すると、

「事件当時は東京本社運動部にいました。本紙記者が逮捕されたことを重く受け止めています。事実関係を確認し、厳正に処分します」

と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中