バリ島噴火国際空港を29日朝まで閉鎖延長

印刷

   インドネシア・バリ島にあるアグン山の噴火による影響で、インドネシア政府は2017年11月27日朝から閉鎖中の同島の国際空港について、当初の24時間の予定を29日朝まで延長することを決めた。観光客などへの影響が懸念される。

   21日に54年ぶりに噴火したアグン山は、いまだ活発な火山活動が続いている。27日には警戒レベルが最高の4に引き上げられ、火口から半径10キロ以内の住民に避難勧告が出された。国際空港も火山灰の影響を受ける恐れがあり、閉鎖の措置が取られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中