見てるだけで痛い! もえあず紹介「痛風鍋」、あん肝「100切れ」ドッサリ追加して...

印刷

   「これはやばい」「見るだけで怖い」――。大食いタレント・もえのあずきさん(29)がツイッターで公開した「痛風鍋」の写真が話題を呼んでいる。

   なんと、ただでさえ白子やカキなど、痛風の原因とされるプリン体を多く含む食材が大量に入った鍋に、追加で「あん肝」を100切れもトッピングして食べたというのだ。

  • もえのあずきさん(2017年5月撮影、J-CASTニュース編集部で)
    もえのあずきさん(2017年5月撮影、J-CASTニュース編集部で)
  • あん肝を追加で100切れ注文したという(画像はもえのさんのツイッターより)
    あん肝を追加で100切れ注文したという(画像はもえのさんのツイッターより)
  • 白子、あん肝がドッサリの「痛風鍋」(事務所提供)
    白子、あん肝がドッサリの「痛風鍋」(事務所提供)

「健康診断いってる!!?」

   もえのさんは2017年11月28日夜、「♯痛風鍋」「あん肝100個追加トッピング」のコメントを添えて問題の鍋の写真を公開した。「ほんとうにすんばらしかった」との感想もつづっている。

   投稿された写真には、大量のあん肝や白子が溢れ返えるほどどっさりと入った鍋や、白い大皿に肉厚のあん肝が100切れズラっと並んでいる様子が写っている。また、追加で注文したあん肝を、ダシだけになった鍋の中に大量に投入した一枚もあった。

   見ているだけで足先がムズムズするような「痛風鍋」の写真に、ツイッターやネット掲示板では、

「胸焼けしそう」
「見るだけで怖い」
「完全に麻薬の鍋だな、、、美味いが身体を蝕む、、」

など驚きの声が続々。なかには、「痛風にならんの?」「健康診断いってる!!?」といった心配の書き込みも出ていた。

「スタッフも目を丸くしていました」

   今回もえのさんが食べたのは、海鮮居酒屋「牡蠣貝鮮 かいり」(東京都渋谷区)が「痛風鍋」という名前で提供しているメニューだ。1人前の価格は2980円(税別、注文は2人前から)。

   カニ味噌を溶け込ませたスープに、白子やあん肝、イカ、カキ、エビなど「痛風に良くない」とされる食材をふんだんに使った一品。J-CASTニュースが29日、「かいり」の店長に聞くと、「ボリュームが豊富で、人気メニューの一つです」としていた。

   先述の店長によれば、もえのさんは数人のグループで来店し、痛風鍋のほかにいくつもの一品料理を頼んでいたという。あん肝の追加トッピングについて聞くと、「ビックリしました(笑)」と一言。その上で、

「ただでさえ『痛風鍋』には大量のあん肝を使っているのに、さらに追加で100切れもトッピングするなんて。これまで、そんなお客様はいなかったので、スタッフも目を丸くしていました」

と振り返っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中