映画館で「エンドロール中の退出」推奨 女性誌ウェブ記事が「迷惑行為を助長」と物議

印刷

   女性向けファッション誌「GINGER」(幻冬舎)のウェブ版に掲載された「ひとり映画館」に関する記事が、インターネット上の映画ファンの間で物議を醸している。

   「エンドロールの途中で、立ち去ろう」――。記事の中では、女性が1人で映画を観賞する際に「必要なテクニック」だとして、こうした行為を推奨していた。これに、「映画館での迷惑行為を助長している」との指摘が相次いだ。

   その後、GINGER側はネット上の指摘を受け、記事内容の一部を修正。しかし、修正した旨の告知が(2017年11月30日18時現在)ないことから、「記事に問題があると感じて変更・修正したなら、その旨を記載すべき」との批判も寄せられている。

  • 「1人映画館」のテクニック説く記事に総ツッコミ(画像はイメージ)
    「1人映画館」のテクニック説く記事に総ツッコミ(画像はイメージ)

映画館には「『あえて』遅刻してしまおう」

    問題視されているのは、ウェブメディア「GINGERweb」が11月26日に掲載した「映画をひとりで観ても哀しくならないテクとは? ~独女時間の正しい過ごし方~」と題した記事だ。筆者は「体当たり系アラサーライター」を自称する女性だ。

   記事ではまず、1人で映画館に入るのは「ハードルが高い」と感じる女性に向けて、筆者が「おひとりさまに必要なテクニック」を紹介すると説明。最初のアドバイスとして、

「入り時間は『あえて』遅刻してしまおう」

と切り出した。その上で、映画の本編が始まる前に流れることが多い「予告編」の途中で、自分の席に駆け込むことを「とてもオススメ」と言及。その上で、

   「館内は、薄暗い上にお客さんは、予告に夢中!アナタは、周りに迷惑をかけることもなく、自分の席に滑り込むことができるでしょう」

としていた。

   さらに筆者は、「映画エンドロールの途中で、立ち去ろう」とも提言。その理由については、次のように説明している。

   エンドロールが終わると、館内の照明が点灯し、周りのグループ客が「面白かった」などの雑談を始める。それにより、映画の世界から現実に急に引き戻され、1人であることを痛感してしまう。こうした出来事を避けるために、

「ひとり映画では退出は潔く!エンドロールの切りのいいところでさっと立ち去りましょう。作品の余韻に静かに浸りつつも、颯爽と退出すれば、よき思い出としてフィナーレを迎えることができます」

と訴えていたのだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中