「韓国人になりたい」若い日本女性が急増? 「ネオ韓流ブーム」の大波が...

印刷

   韓国人になりたいと思っている日本女性が急増している――こんな話を聞き「んなバカな!」「韓国のステマかよ!」と思った人はオジサンなのだそうだ。

   インスタグラムの「#韓国人になりたい」では7000件以上がヒットし、「#韓国好きな人と繋がりたい」は36万件以上だ。約15年前の韓流ドラマ「冬のソナタ」の「ヨン様」から数え、第3次韓流ブームが来ているのではないか、とされ、それを支えているのは10代の女子中高生。どうして彼女たちは「韓国人になりたい」のか。

  • 日本の若い女性のお手本?(写真はTWICE JAPAN OFFICIAL Instagramより)
    日本の若い女性のお手本?(写真はTWICE JAPAN OFFICIAL Instagramより)

韓国から6年ぶりNHK紅白に「TWICE」が登場したワケ

   2017年末のNHK「紅白歌合戦」には韓国から実に6年ぶりとなるガールズグループ「T WICE(トゥワイス)」が出場する。18~22歳の9人組の彼女たちは15年にデビューし、16年10月には日本でデビューしていないにもかかわらず、オリコン週間アルバムランキングで10位に入った。日本デビューは17年6月で、ベストアルバム、デビューシングル共に同ランキング1位を獲得しいずれもプラチナ認定を受ける大ヒットを飛ばした。これを支えているのが日本の女子中高生なのだ。

   なぜ日本女性が韓国人になりたいのか、その秘密は「トゥワイス」に凝縮されていて、約15年前の韓流ドラマ「冬のソナタ」の「ヨン様」を1次とすれば、「少女時代」「KARA」「東方神起」が2次、そして次の韓流ブームが起きているとされる。現状を「ネオ韓流ブーム」と呼ぶ人もいる。

   新たな韓流ブームの兆しは、「オルチャンファッション」が数年前から人気になっていたこと。これは韓国の若い女性の間で大流行し、それが日本に流れ込んだ。韓国語で「顔」を意味する「オルグル」と「最高」を意味する「チャン」を合わせた造語で、「かわいい一般人」とも訳されている。メイクは目をバッチリ、眉は並行で太めに、チークはさらっと、といった特徴があり、ファッションではトップスは特にダボっとゆったり着られる服、ニットは大きな網目といった特徴と、セクシー系では体のラインを強調しているものなどがある。若者が集まる東京原宿の竹下通りは今や「オルチャンファッション」が目立っている。コリアンタウンと言われた東京・新大久保は、かつては大人の女性が目立ったが、現在は若い女性が訪れるようになった。

   どれくらい韓国ファッションは日本の若い女性に人気なのか。トレンドマーケティングの「FRIL lab(フリルラボ)」が17年6月に調査したものがあり、「ファッションの参考にしている国はどこですか」と「FRIL」の女性ユーザー約1700人に質問したところ、10代の47.9%、20代の27.5%が韓国で、いずれもトップだった。ちなみに前年に同様の調査をしていて、10代は40.8%だったことから人気はさらに高まっている。そして、「韓国人になりたい」を決定付けたのはインスタグラムに載せる写真の「自撮り」だ。

韓国の男性と結婚を望んでいるというわけではない

   韓国発のカメラアプリを使用する若い女性が増えている。顔の一部を動物のように変えられる「SNOW」、韓国の美少女風に写る「オルチャンメイク」といったものが使用されているのだ。実は、インスタグラムの「#韓国人になりたい」に投稿された写真を見ると、「オルチャンファッション」を身に付けたり、こうしたカメラアプリを使って撮影し自慢しているのだ。つまり、彼女たちは韓国人と結婚して韓国籍になりたい、というのではなく、韓国のかわいいファッションや文化に憧れている、ということのようなのだ。

   そしてガールズグループ「トゥワイス」人気だが、メンバーは「少女時代」のようにファッション雑誌から抜け出てきたスタイル抜群のタレントではなく、「かわいい一般人」に近いため、まさに「オルチャンファッション」のお手本そのものと認識され、ファンを急拡大させたのだ。

   韓国といえば従軍慰安婦問題や、竹島問題など政治的な対立が続いている。ところが若い女性はそうしたことへの関心は低く、SNSを通じて自分好みのファッションを探している。それが今回はたまたま韓国であり、新たな韓流ブームを起こしているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中