2019年 11月 20日 (水)

容疑の元宮司、2chへ書き込みか? 富岡八幡宮、事件前から異様な「内部情報」多数

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「富岡八幡宮の数々の疑惑について語るスレです」――2017年5月20日、ネット掲示板「2ちゃんねる(5ちゃんねる)」にはこんなスレッドが立てられていた。

   12月7日、東京・江東区の富岡八幡宮で発生した殺傷事件は、背景に「宮司」の地位をめぐる親族内の争いがあったことが指摘されている。上記のスレには、こうした確執の生々しい実態、さらには容疑者本人によるものではと思わせるような書き込みが、多数寄せられている。

  • 2ちゃんねる(5ちゃんねる)への書き込みの一部
    2ちゃんねる(5ちゃんねる)への書き込みの一部

殺害の女性宮司、中傷する書き込みが多数

「疑惑写真の数々が見たい方は、ネイバーまとめで見れます。『富岡八幡宮 富岡長子様』で検索してください」
「なにやら、富岡八幡宮では神様といえども、宮司代務者様には逆らえない状況にあるようです」
「氏子はこのままでよいのか... 神との取次ぎをするお宮の長の失態が悲しい」

   上記のスレッドには5月から夏ごろにかけ、死亡した宮司の富岡長子さん(58)を中傷するような書き込みが大量に寄せられていた。

   7日夜発生した事件は、長子さんの弟で元宮司の富岡茂永容疑者(56)、茂永容疑者の妻・真里子容疑者(49)が、富岡八幡宮周辺で長子さんと運転手の男性を日本刀などで襲い、長子さんを殺害、男性に重傷を負わせ、その後茂永容疑者が真里子容疑者を殺害、自らも自殺を図ったと見られている。

   有名神社で起こった凄惨な事件は、神社の長である「宮司」の地位をめぐる争いが背景にあると見られている。茂永容疑者は父親(故人)から譲られる形で、いったん宮司となったものの2001年に退任、その後は父親の復帰を経て、長子さんが「宮司代務者」を務め、17年に神社本庁からの離脱後、正式に「宮司」の地位を引き継いだ。茂永容疑者はこれに不満があったとみられ、2006年には「積年の恨み。地獄へ送る」などといった脅迫状を送り逮捕されている(東京新聞、06年1月26日付朝刊)。

   一連の内紛を報じた週刊誌記事がスレにはコピペされ、長子さんへの攻撃が続けられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中