2018年 11月 14日 (水)

サンジャポ吉田アナ、年内で番組卒業 残り2回で爆問・太田がビックリ提案

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2017年12月10日放送のニュースバラエティー「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、MCの爆笑問題とともに進行を務めてきた吉田明世アナウンサーが、年内での番組卒業を発表した。

   12月3日には、体調不良を理由に同番組を途中退席しており、その後第1子妊娠を公表していた。

  • 3年強、番組の進行を務めた吉田明世アナ(写真は「サンデー・ジャポン」公式サイトより)
    3年強、番組の進行を務めた吉田明世アナ(写真は「サンデー・ジャポン」公式サイトより)

出産予定日は夏前あたり...

   この日は大事をとって番組を欠席し、「代役」として、前・サンジャポアナウンサーで現在フリーアナの田中みな実さんが進行を務めていた。

   番組が進むなか、吉田アナは自宅から中継という形で登場。「先週は退席してすみませんでした」と謝罪したうえで、

「つわりもすっかり落ち着きました」
「来週には戻れるといいんでけど」

と、元気そうに現在の体調を報告。爆笑問題の田中裕二さんから予定日などを聞かれると、

「予定日は夏前あたり」「まだ男女(の性別)は分からない」

と答えていた。

「最後にお騒がせしてしまいすみません」

   番組の最後には再度吉田アナの自宅と中継がつながり、

「3年とちょっと前に田中みな実さんから引きつぎまして。ことしいっぱいで卒業させていただくことになりました。お世話になりました」

と、年内で番組を卒業することが明かされた。

「あと(残すところ)2回なんですけど。大人しく卒業するつもりだったんですが、最後にお騒がせしてしまいすみません」
「爆笑問題のお二人にも気を使ってもらって、西川先生にも倒れた時に助けていただきまして。皆さん事情を知ったうえで助けてもらいました」

と、感謝を伝えた。

   「あと2回、ちょっとでも力になれるように...」という吉田アナに、爆笑問題の太田さんは「なんだったら(出演者)全員で吉田さんち行ってもいいよ」と、笑いを誘い、相方の田中さんは、「気楽な気持ちでね、来れたら来るって感じで」と、最後まで気配りを見せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中