2018年 8月 19日 (日)

相撲協会、「日馬富士問題」でワイドショーへ次々と抗議文 テレビ局の対応は?

印刷

   日本相撲協会が、日馬富士の暴行事件に関する情報番組やワイドショー報道に対し、事実と異なる内容があるとして相次いで抗議文を送り、マスコミ各社に公表した。

   抗議文送付の発表後、初めて放送があった2番組では、相撲協会の抗議には触れなかった。

  • 日本相撲協会の抗議については触れられず(画像は日本相撲協会の公式ホームページより)
    日本相撲協会の抗議については触れられず(画像は日本相撲協会の公式ホームページより)

日馬富士の書類送検を大きく扱う

   相撲協会は2017年12月9日、「直撃LIVE グッディ!」の放送内容についてフジテレビに抗議文を送ったと明らかにした。スポーツ紙各社(ネット版)の報道などによると、協会が問題視したのは、6日に放送された、貴乃花親方の支援者と名乗る男性へのインタビュー内容。

   男性は、貴乃花親方が「だまされた」と話していたとする証言を行い、「だまされた」内容に関する推測として、協会側が暴行問題への対応を約束しながら九州場所前に対応がなかったからではないかとの見立てを披露した。これに対し、協会の抗議文では、協会側が貴乃花親方と対応の約束をし、それを協会が破ったために親方が怒っているというのは事実無根としている。速やかな謝罪、訂正も求めており、放送倫理・番組向上機構(BPO)への審議申し立ての可能性にも触れた。

   発表があった9日は土曜日。「グッディ!」の放送は月~金のため、発表後、初の放送となった11日(月曜)、日馬富士の書類送検に関する話題を長めに取り上げたが、協会の抗議文に関する話は見受けられなかった。いったん別の話題に移ったあと、時折、貴乃花部屋の前からの中継などが入ったが、やはり抗議文の話は出なかった。

協会は「暴行を知ったのは、鳥取県警からの電話」と主張

   この11日にも相撲協会は、読売テレビ(日本テレビ系)に対し、「情報ライブ ミヤネ屋」の内容について抗議文を送ったと公表した。これもスポーツ紙各紙(ネット版)が報じ、たとえばデイリースポーツは、同日の「ミヤネ屋」の放送が始まる前の13時30分ごろに記事を配信している。

   抗議の対象は、1日に放送された関係者証言の内容。貴乃花親方が、八角理事長に報告した後に警察に被害を届け出たと、「知人に話していた」という証言が放送されたが、協会では、暴行の発生を協会が知ったのは鳥取県警からの電話によってであるとして、「警察への届け出前の理事長への報告」は事実ではない、としている。

   11日の「ミヤネ屋」は、いつも通り14時少し前にスタート、16時前まで約2時間にわたり放送された。やはり、日馬富士の書類送検の話題を長めに取り上げたが、協会からの抗議文には触れなかった。番組が終わる直前にも、日馬富士問題を短時間、扱ったが、抗議の話題は出なかった。

   協会の抗議文に対し、両局が対応を検討中なのか、「状況が不透明な中での関係者証言の報道に対する言いがかりに過ぎない」と黙殺したのか、などについては、11日夕現在では定かではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中