2023年 1月 30日 (月)

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
「ワクチンめぐる表彰」問題で再認識 国内新聞・テレビの「異様さ」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新聞、テレビの報道がどうなのかな、というのは今に始まったことではない。ただし、最近、ネットでニュースが多く流れるので、新聞、テレビの異様さが際立つ結果になっている。

   子宮頸がんワクチンの必要性を訴えてきた村中璃子氏のジョン・マドックス賞(英科学誌「ネイチャー」など主宰)受賞はすばらしいものだが、新聞、テレビではほとんど取り上げていない。受賞スピーチだけでも感動ものである。

  • ジョン・マドックス賞の報道が日本では少ない(画像はSENSE about SCIENCE公式ホームページより)
    ジョン・マドックス賞の報道が日本では少ない(画像はSENSE about SCIENCE公式ホームページより)
  • ジョン・マドックス賞の報道が日本では少ない(画像はSENSE about SCIENCE公式ホームページより)

新聞報道は見出しだけを見れば十分だった

   筆者は、新聞、テレビの関係者を少なからず知っているので、取り上げるように話したが、反応は芳しくない。そこで、12月5日の虎ノ門ニュース、12月7日の夕刊フジで紹介した。

   どうやら、新聞、テレビではワクチン不要論を言い過ぎたので、今さら村中氏を応援できないらしい。新聞、テレビの影響によってワクチン不要を信じている人が多いので、罪作りなものだ。しれっと方向転換すればいいものを、なかなかできないらしい。

   本コラムの読者であれば、ご存じだろうが、筆者は、新聞を30年近くも購読していない。それでも、官邸勤務で困ったことはなく、新聞報道は見出しだけを見れば十分だった。

   そして、本コラムでは、新聞、テレビ報道を批判してきた。具体的には、森友学園、加計学園、豊洲市場などでかなり前から、新聞、テレビ報道が間違っていると指摘してきた。例えば、森友学園では、新聞、テレビが安倍首相や夫人の関与を言う中で、近畿財務局のチョンボで安倍首相らの関与はないといってきた。これらの案件について、どうやら、筆者の新聞、テレビ報道批判は見立て通りであったようだが、一部の新聞は相変わらず「ぶれずに」いる、さすがにテレビはネタ切れなので、もうほとんどやっていない。

   ところが、最近、新聞で記事を書いてきた記者らから、会いたいという連絡が来るようになった。その方々は、これまでは筆者に取材なしで、安倍首相や夫人の関与や疑惑を言い続けてきた人たちだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中