2019年 1月 21日 (月)

フジTV局長が「宝くじ」行列に「生産性が無い」 「ワイドショーの方が...」と反発も

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   テレビ番組「ウゴウゴルーガ」「学校では教えてくれないこと!!」などで知られるフジテレビの福原伸治プロデューサー(報道局メディア担当局長)のツイッターが思わぬことで盛大な反発を買うことになった。

   宝くじ売り場の行列を見て、こうしたことに時間を費やすならば「同じ時間でいろんな生産的なことできる」とツイートしたからだ。ネット上には「他人の趣味にケチをつけるな!」「お前の会社はどうなんだ?」といった書き込みが溢れた。

  • 福原伸治プロデューサーのツイート
    福原伸治プロデューサーのツイート

「 こんな下らない事、発言してる余裕なんてあるのか?」

   福原プロデューサーは、「宝くじ」に何か特別な思いがあるらしい。2017年11月27日、29日、そして12月7日に「宝くじ」と「生産性」についての同じような内容のツイートをしている。今回盛大な反発を受けているのは12月7日のもので、

「有楽町の宝くじ売り場の列ができるマリオンの端まで来てる。真っ昼間なのに。待ってるくらいなら同じ時間でいろんな生産的なことできるのに。ほとんど当たんないよ、宝くじ」

というツイートだ。これに関し14日頃からネット上で注目が集まり、

「並んだからって当たる確率が良くなるわけでもないし 、買うってだけでも馬鹿なのに、更に並ぶなんて輪をかけて馬鹿」

といった賛同意見もあるのだが、そもそも「宝くじ」に「生産性」を求めるのは変な話だとし、掲示板には、

「お前の会社はどうなんだ? こんな下らない事、発言してる余裕なんてあるのか?」

など否定的な意見が多数書き込まれることになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中