2021年 5月 16日 (日)

スイーツでマッチング 果たして何組のカップルが成立?

   「マッチングアプリ」と聞いてきっと誰もが思い浮かべるのが、アプリ上での「マッチング」だろう。

   だが、そうしたマッチングではなく、実際に出会ってからマッチングを図るイベント「ピエール・エルメ・パリ×Pairs」が2017年11月22日、東京都・表参道にある「ピエール・エルメ・パリ青山本店2F『Heaven(ヘブン)』」で行われた。

男女それぞれ13人が参加した
男女それぞれ13人が参加した

共通の趣味が導く出会い

   今回のイベントは、恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs(ペアーズ)」が、洋菓子ブランドの「ピエール・エルメ・パリ」の協力を得て実施された。Pairsのリリース5周年を記念するイベント。

   参加者の男女が「ピエール・エルメ・パリ」のパティシエにスイーツの作り方を学びながら親睦を深めることで、気になるお相手を見つけるのが狙い。調理後は作ったスイーツとシャンパンを堪能しつつ、順番に席移動が行われた。

大好きなスイーツを2人で完成させた
大好きなスイーツを2人で完成させた

   イベントの最後に参加者は気になるお相手の名前を書き込んだシートを提出。互いに名前が一致した場合、イベント終了後にPairs上でめでたく「マッチング」が成立し、メッセージのやり取りができるようになる。

   イベントへの応募総数は、およそ4500人。当選者は男女それぞれ13名ずつ合計26名の狭き門だった。

   スイーツの作り方を教えたのは、ピエール・エルメ・パリを展開するPH PARIS JAPON 株式会社 代表取締役社長で、経営者かつパティシエでもあるリシャール・ルデュ氏。

   ルデュ氏はまず、

「日本語とフランス語、どちらで話した方がいいですか」

とユーモアたっぷりに問いかけ、参加者の笑みを誘った。

   緊張がほぐれると、

「今日のレシピは混ぜるだけだから簡単。ぜひ自宅でも作ってほしい」

と話し、

「最後は心を込めて作ること。トッピングするハートを割らないようにね」

とほほ笑みつつコツを伝授した。

参加者は賑やかに、楽しげに話していた
参加者は賑やかに、楽しげに話していた

   ピエール・エルメ・パリは、「創作が遊び心溢れる豊かな独創性と、確固たる経験の積み重ねによる匠の技の賜物であり、自由なアイデアと優れた技能により、意欲的にビジョンの実現を目指していく」ことを理念として掲げている。

姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック