2020年 3月 31日 (火)

パンダ見るなら「上野より和歌山」 「行列なし」「仕切りなし」ジャンジャン産まれて5頭飼育

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

県知事「(パンダは)和歌山にもいるんです」

   アドベンチャーワールドでは、パンダの屋外運動場に檻やガラスの仕切りが一切ない(堀のようなスペースは観覧場所との間にある)ため、より近くでパンダを見ることができる。実際、園の事情に詳しい関係者は21日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「平時であれば、行列ができることはまずありません。休日など観覧客が多い場合でも、少し待てば最前列でパンダを見られるような印象ですね」

とも話した。

   なおインターネット上などでは、16年に生まれたユイヒンだけでなく、2000年以降に全15頭のパンダの出産に成功したアドベンチャーワールドの「報道量の少なさ」に疑問を抱く向きも。ツイッターには、

「コッチは『ジャンジャン』産まれてるのにな」
「報道がどうしても関東中心になってしまうのが腹立たしい!関西にはアドベンチャーワールドがある」

といった不満げな声も出ている。

   J-CASTニュースは、新聞記事データベース「日経テレコン」で、21日17時時点のユイヒンとシャンシャンの報道量を比較した。それぞれのパンダの名前を含む記事の数(朝日、読売、毎日、産経、日経の5紙)を調べると、

「ユイヒン」...37件
「シャンシャン」...344件

だった。ユイヒンの名前が発表されたのは16年12月6日で、シャンシャンの名前が発表されたのは17年9月25日だ。

   なお、朝日新聞(ウェブ版)などが12月20日に報じたところによれば、和歌山県の仁坂吉伸知事も同日の記者会見で、

「上野のシャンシャンしか世の中にいないのか、というくらいの浮かれようだ。最後に『和歌山にもいるんですよ』と一言くらい入れてくれたらいいのに」

と話したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中