2019年 12月 6日 (金)

はあちゅう、「童貞いじり」謝罪を撤回 「よく考えたら、謝るようなことしてなかった」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「よく考えたら、私、謝るようなことしてなかった」――。作家でブロガーのはあちゅう氏(本名・伊藤春香=31)が2017年12月22日、性経験のない「童貞」の男性を揶揄した過去の発言についての謝罪を撤回した。

   はあちゅう氏が謝罪文を発表したのは19日夕のこと。なぜ、わずか3日で自らの謝罪を取り下げたのか。その理由について本人は、批判を浴びたことで気持ちが弱くなっていたとして、「納得いかないけど、とりあえず謝って済まそうみたいな心境だった」などと説明している。

  • はあちゅう氏が「謝罪撤回」(画像は本人のブログより)
    はあちゅう氏が「謝罪撤回」(画像は本人のブログより)

傷つけた人に「深くお詫びする」としていたが...

   はあちゅう氏は12月17日、元電通社員の男性から受けたセクハラ被害をニュースサイト「BuzzFeed」の記事を通じて告発した。これは、米ハリウッドで生まれたSNS上での告発運動「♯MeToo」の流れを受けてのものだ。

   著名ブロガーとして活躍していたはあちゅう氏の訴えに大きな関心が集まる一方で、インターネット上では、セクハラ被害を訴えた当人の「過去の発言」にも注目が寄せられることになった。

   はあちゅう氏が、過去に性経験のない男性をイジったり、小馬鹿にしたりするようなツイートを繰り返し投稿していたことについて、「これは童貞に対するセクハラではないのか」と問題視する動きが出たのだ。

   その後、当のはあちゅう氏が過去の「童貞いじり」発言を肯定的に捉えた釈明ツイートを18日に投稿したことで、批判はさらに過熱。こうした動きを受け、はあちゅう氏は19日夕に更新したブログで、

「(童貞という言葉を)差別意識なく使っていましたが ツイッターでご指摘を受けたように 童貞=社会的弱者という言葉のニュアンスがあること、また、そのように受け止めてしまう人が多いことに対しての意識がありませんでした」

と謝罪。あわせて、「予想以上に多くの人がこの言葉に不快感を持っていること」に気付かされたとして、「童貞というデリケートな言葉を軽々しく使ったことで傷つけてしまった方に深くお詫びする」ともつづっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中