クロちゃんドッキリ、気があると演じ続けたモデル「辛かった」と吐露 「人を傷つけておいて...」と炎上

印刷

   「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のドッキリ企画で、お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんを騙し続けたモデル・小林レイミさん(27)のツイッターが炎上している。

   きっかけは、小林さんがドッキリ企画の放送終了後に投稿したツイートだ。仕掛け人としてクロちゃんと接した1週間について「身を削る思いをした」「辛かった」などと否定的に振り返ったことに、「性格悪すぎ」「クロちゃんが可哀想」との批判が相次いでいるのだ。

  • 2017年12月24日にはクロちゃんが「マジックミラー号」で番宣をしていた(Yurina Hioki」さん撮影)
    2017年12月24日にはクロちゃんが「マジックミラー号」で番宣をしていた(Yurina Hioki」さん撮影)
  • ドッキリ「仕掛け人」の小林レイミさん(画像は本人のInstagram投稿より)
    ドッキリ「仕掛け人」の小林レイミさん(画像は本人のInstagram投稿より)

号泣しながら「本当に好きだった」

   2017年12月27日の同番組では、小林さんのことが「本気で好き」と訴えるクロちゃんを騙すドッキリ企画を放送した。

   仕掛け人として番組側の指示を受けた小林さんは、1週間のうちクロちゃんと4回も食事に出かけ、LINEでのやり取りも続けた。放送中には、クロちゃんが何度も高価なプレゼントを小林さんに渡す場面があった。

   一方、スタッフの指示を受けている小林さんは、自分から2人切りでの食事に誘ったり、身体を密着させてツーショット自撮りを取ったりと、思わせぶりな態度でクロちゃんを騙し続けた。

   しかし、番組のドッキリで2人が急接近してから約1週間後、クロちゃんは小林さんが仕掛け人だということに気付く。夜のデートに出かけた神社で、「オチ」として用意された落とし穴の存在を疑い始めたクロちゃんは、

「もしもそう(ドッキリ)だったら、自分の中で整理をしとかないといけないから。俺はレイちゃま(編注・小林さんのあだ名)の事を本気でいいなぁと思ってて、この1週間いいなぁと思ってたから。俺は、レイちゃまのことが好きだから。これだけは、はっきり今言っとくね」

と伝える。その直後、誘導された場所へ向かったクロちゃんは、そのまま落とし穴へ。一方の小林さんは、穴に落ちたクロちゃんを放置し、逃げるように神社から去って行った。

   なお放送ではその後、番組スタッフから2人の思い出の曲をヘッドホンで聴かされたクロちゃんが、号泣しながら「やっと忘れたのに」「だって、本当に好きだったからね俺」「なんでこの曲なの...」と訴える場面もあった。

「1人の男の心を弄んでおいて...」

   こうした27日の放送直後に「仕掛け人」の小林さんが投稿したツイートが、ネット上で物議を醸すことになった。小林さんはまず、

「私にとって身を削る思いをした説でしたが(リアル1週間なので週4クロちゃんとの深夜密会、リアルLINEやりとり...)でも良いんです、バラエティーが好きだしなにより水曜日のダウンタウンが大好きなので」

と投稿。続けて、「1週間辛かったです」「ツラい1週間でしたが皆さんに楽しんで頂いてやっと消化できました」とも呟いていた。

   このように、思わせぶりな態度で騙し続けた相手に対して否定的なツイートを続けた小林さんに対し、投稿のリプライ(返信)欄などには、

「1人の男の心を弄んでおいて、何が辛かっただよ?」
「仕事とは言え、人を傷つけておいてこの言い方」
「本気で好きにさせて、高価な物貢がれて、傷つけて、それはないでしょ。いくら仕掛け人とは言え...」
「クロちゃんと連絡とるのが気持ち悪くて辛かったってこと?女って怖いわぁ...」

といった批判的な声が相次いで寄せられることに。なかには、「恋心を弄ばれたクロちゃんの方がツラいと思いますけど」といった指摘も見られた。

   ただ一方で、放送中にクロちゃんが小林さんの手を半強制的に握ったり、ドッキリだと気付いたその夜に別の女性を誘ったりしていたことから、

「仕事とはいえよく耐えられましたね」
「あんなことされたらトラウマになるわ。1週間本当にお疲れ様でした」

などと彼女を応援する書き込みも出ていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中