2018年 10月 15日 (月)

ゆず北川、妻・高島彩から「大トリ」祝福 一方、岩沢は「メールで...」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   フォークデュオの「ゆず」が、大みそかの「第68回紅白歌合戦」リハーサルの初日(2017年12月29日、NHKホール)に登場。北川悠仁さん(40)さんが、初の大トリ抜擢に妻のフリーアナウンサー・高島彩さん(38)ら家族が喜んでいたと明かした。

   一方もう一人、岩沢厚治さん(41)は...。

  • 12月29日の紅白歌合戦リハーサルに登場した「ゆず」(左が北川悠仁さん、右が岩沢厚治さん)
    12月29日の紅白歌合戦リハーサルに登場した「ゆず」(左が北川悠仁さん、右が岩沢厚治さん)

「親戚からも泣きながら電話が」

   北川さんは大トリ選出について、「最初に聞いた時、ドッキリじゃないかと思いました」と話し、岩沢さんは「今年は『ゆず』の20周年でした。NHKさんからのご褒美だと思います。しっかり務めたい」と意気込みを述べた。

   北川さんは「家族はびっくりしていました。親戚からも泣きながら電話がかかってきました」とコメント。その上で

「妻もとっても喜んでいます。家で見ていてくれると思います」

と、妻の高島さんも喜んでいたと明かした。

   一方の岩沢さんは、家族の反応が「メールで一文くらい」だったとし、報道陣からは笑いが起きたが、「意外と高校の恩師とか、疎遠だった方が連絡をくれました」と話した。

   北川さんは、本番で披露する「栄光の架橋」が2004年アテネ五輪のテーマソングだったことに触れ、

「五輪が終わった後も歌い続けてきて、特に東北の震災などで思い入れが強くなってきました。僕らにとってもファンの皆さんにとっても大切な曲です」

と語る。

「2020年も何かしらの形で選手の皆さんや日本にエールを送れたらいいと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...