2018年 11月 16日 (金)

ウーマン村本「年末年始の番組呼ばれてない」 「(政治ネタ)あそこまでバズったのに」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   年末年始のお笑い番組に「まったく呼ばれてない」――。お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さん(37)が2017年12月31日、ツイッターにこんなボヤキを投稿した。

   同コンビといえば、17日放送の「THE MANZAI」(フジ系)で、原発や沖縄の基地問題など政治問題に切り込んだ風刺漫才を披露し、大きな話題を集めたばかり。村本さんは、過去に評判が良かった別のネタの場合は「すぐオファーが来たんですが」とも訴えている。

  • 「あの程度のネタすら出来ないのが地上波」と村本さん(画像は本人のツイートより)
    「あの程度のネタすら出来ないのが地上波」と村本さん(画像は本人のツイートより)

「あの程度のネタすら出来ないのが地上波」

   村本さんは31日未明、ツイッターで「おれのもうひとつの目的は達成された」と切り出した。続けて、「年末年始のネタ番組まったく呼ばれてない。あそこまでバズったネタなのに」として、

「話題にしてるのは忖度しない新聞社、SNS、他局のモーニングショーのみ。あとはスルー。あの程度のネタすら出来ないのが地上波ということを今回、可視化した。これがおれがやりたかったもうひとつの目的」

とツイートした。

   さらに村本さんは、相方の中川パラダイスさん(36)には事前に「(風刺ネタは)絶対バズるけど、すぐに収束する」と伝えていたことも明かした。理由については、「それがテレビだから」と投稿で説明している。

   こうした村本さんの一連の投稿は大きな注目を集め、ツイッターには「これぞ忖度」「日本終わった」といった共感のリプライ(返信)が続々と寄せられた。また、脳科学者の茂木健一郎氏(55)も31日に、

「地上波テレビのみなさん、村本さんを呼んでください。見たいと思っている視聴者、たくさんいると思います」

とツイートしている。

「あれやって、と声がかからなくて」

   こうした茂木氏の投稿に対し、村本さんは「過去、跳ねたネタはあのネタやってくださいとすぐオファーが来たんですが」と返信。その上で、今回のネタはこれまでで最も話題を集めたにも関わらず、

「あれやって、と声がかからなくて」

との不満を呟いている。

   ただ一方で、ツイッター上には、番組のオファーが無い理由について「単純につまらないから、呼ばれないんじゃないの?」と村本さんの持論に否定的な見方をするユーザーも目立つ。

   こうした反応について村本さんは、ある一般ユーザーの指摘に一度は「た、たしかに!笑」と返信。しかしその直後に、

「いやいやいや!よく考えたら渡辺正行、大竹まこと、茂木健一郎、鳩山由紀夫、志位委員長、様々な頭のいい著名人が大絶賛したネタだそ!てめーみたいな頭の悪いチンパンジーはうんこみたいなネタみて笑っとけ、ばーか」(原文ママ)

との言葉を送っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中