2018年 10月 15日 (月)

iPhone人気はどうなるのか  iPhone行列に人生をかけるタレント・BUTCHさんに聞く【どうなる2018年<6>】 

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   新バージョンの「iPhone」を買い求める行列にほぼ毎回、しかも3日前から並ぶ男がいる――「ビックウェーブさん」こと、タレントのBUTCH(ブッチ)さん(35)だ。

   初代(3G、08年)からX(17年)までの9年間、販売待機列の先頭集団を形成。iPhoneマニアから一目置かれる人物である。

   いったいなぜ日本ではiPhoneが人気なのか。そして行列に執着を燃やすのか。BUTCHさんに話を聞いた。

  • BUTCHさん(Photo by Jason Halayko)
    BUTCHさん(Photo by Jason Halayko)
  • ソフトバンク銀座店に並ぶBUTCHさん
    ソフトバンク銀座店に並ぶBUTCHさん
  • 善意の差し入れが続々と届く
    善意の差し入れが続々と届く

きっかけは「先輩の代わり」

「iPhoneにめちゃくちゃ愛着があるわけじゃないんですよね。ぶっちゃけ使い方も詳しくないですし」

   豪快に笑ってこう話すBUTCHさん。列に並ぶ一番の目的はiPhoneの購入ではない。日本初上陸となったiPhone 3Gを手に入れた時も「感動は全くなかった」。

「そもそも並び始めたきっかけは、仕事の先輩に依頼されたからなんです。3日で1万円のアルバイトで。購入直前に先輩と入れ替わるつもりだったんですけど、マスコミの取材に『先輩の代わりに並んでいる』って話したんですね。そしたらネットで『(代行なんて)ロックじゃねえ』と叩かれて。それでムムムとなって買いたくもないのに自分の分も買っちゃいました」

   だが、取材で発した一言がBUTCHさんの転機となる。記者から購入の理由を聞かれ、とっさに「乗るしかない、このビッグウェーブに」と回答。すると、このセリフがBUTCHさんの奇抜なモヒカンヘアとあいまって、ネット上でじわじわと話題に。「ビックウェーブさん」の愛称で親しまれるようになった。

   ネット上の好意的な反応もあり、その後もiphoneの行列に並ぶようになったBUTCHさん。並ぶ回数が増えるにつれ、行列の意外な魅力に気づいていく――。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...