2019年 1月 18日 (金)

iPhone人気はどうなるのか  iPhone行列に人生をかけるタレント・BUTCHさんに聞く【どうなる2018年<6>】 

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   新バージョンの「iPhone」を買い求める行列にほぼ毎回、しかも3日前から並ぶ男がいる――「ビックウェーブさん」こと、タレントのBUTCH(ブッチ)さん(35)だ。

   初代(3G、08年)からX(17年)までの9年間、販売待機列の先頭集団を形成。iPhoneマニアから一目置かれる人物である。

   いったいなぜ日本ではiPhoneが人気なのか。そして行列に執着を燃やすのか。BUTCHさんに話を聞いた。

  • BUTCHさん(Photo by Jason Halayko)
    BUTCHさん(Photo by Jason Halayko)
  • ソフトバンク銀座店に並ぶBUTCHさん
    ソフトバンク銀座店に並ぶBUTCHさん
  • 善意の差し入れが続々と届く
    善意の差し入れが続々と届く

きっかけは「先輩の代わり」

「iPhoneにめちゃくちゃ愛着があるわけじゃないんですよね。ぶっちゃけ使い方も詳しくないですし」

   豪快に笑ってこう話すBUTCHさん。列に並ぶ一番の目的はiPhoneの購入ではない。日本初上陸となったiPhone 3Gを手に入れた時も「感動は全くなかった」。

「そもそも並び始めたきっかけは、仕事の先輩に依頼されたからなんです。3日で1万円のアルバイトで。購入直前に先輩と入れ替わるつもりだったんですけど、マスコミの取材に『先輩の代わりに並んでいる』って話したんですね。そしたらネットで『(代行なんて)ロックじゃねえ』と叩かれて。それでムムムとなって買いたくもないのに自分の分も買っちゃいました」

   だが、取材で発した一言がBUTCHさんの転機となる。記者から購入の理由を聞かれ、とっさに「乗るしかない、このビッグウェーブに」と回答。すると、このセリフがBUTCHさんの奇抜なモヒカンヘアとあいまって、ネット上でじわじわと話題に。「ビックウェーブさん」の愛称で親しまれるようになった。

   ネット上の好意的な反応もあり、その後もiphoneの行列に並ぶようになったBUTCHさん。並ぶ回数が増えるにつれ、行列の意外な魅力に気づいていく――。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中