女優の真屋順子さん死去、75歳

印刷

   女優の真屋順子(まや・じゅんこ、本名・高津詔子=たかつ・しょうこ)さんが2017年12月28日、死去した。75歳だった。産経新聞などが18年1月5日に報じた。

   「欽ちゃんのどこまでやるの!(欽どこ)」(テレビ朝日系)の母親役でお茶の間では人気だった。俳優座養成所出身で、舞台や映画、テレビドラマなどで活躍した。00年に脳出血で倒れ、左半身に麻痺が残り、車いすでのリハビリを続ける様子が時折、テレビなどで報じられていた。夫の俳優、高津住男さんとは10年に死別している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中