トヨタ、マツダが米アラバマ州に新工場建設 トランプ大統領も歓迎ツイート

印刷

   自動車大手のトヨタ自動車とマツダは、2018年1月11日、17年8月に発表した米国の新工場の建設地をアラバマ州ハンツビルに決定したと発表した。

   新工場では最大で約4000人の雇用を予定しており、北米向けにトヨタ「カローラ」やマツダのクロスオーバーモデルを合わせて年間30万台生産する。2021年の稼働開始を目指す。

   発表を受けて米トランプ大統領はツイッターで「朗報」だとして、「企業が大々的に米国に戻ってきている。おめでとうアラバマ!」と投稿し、新工場建設を歓迎した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中