JR信越本線、大雪で立ち往生 430人が12時間以上閉じ込め

印刷

   2018年1月11日19時頃、JR信越本線の電車が大雪の影響で新潟県三条市の踏切付近で動けなくなった。翌12日の10時半前に除雪作業が終わって移動を開始するまで、乗客約430人が社内に閉じ込められた状態になった。

   JR東日本によると、14時現在、信越本線では一部運休が出ており、新津~長岡駅間では除雪作業で運転を見合わせている。

   上空の強い寒気や冬型の気圧配置の影響から、11日午後ごろから新潟県など日本海側の地域では大雪に見舞われていた。気象庁では、上越地方では12日夕方まで大雪に警戒するよう呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中