韓国と北朝鮮「統一旗」掲げ平昌五輪で入場に合意

印刷

   韓国と北朝鮮は、2018年2月9日に開幕する平昌冬季五輪の開会式で、「統一旗」を掲げての合同行進や、南北の選手によるアイスホッケー女子チームを結成することに合意した。1月17日、各メディアが報じた。

   また、北朝鮮からは230人の応援団や140人の楽団を含む代表団を送る意向も示されたというが、参加人数は20日に開かれる国際オリンピック委員会、平昌五輪組織委員会を加えた4者会議で正式に決定される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中