オウム裁判終結へ 最高裁、高橋被告の上告棄却

印刷

   地下鉄サリン事件などオウム真理教による事件で殺人罪などに問われた元信者、高橋克也被告(59)について、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は2018年1月18日付で上告を棄却する決定を出した。無期懲役とした1、2審判決が確定する。これで一連の「オウム裁判」はすべて終結する。手続き上は決定に異議を申し立てることが可能だが、認められるのは極めて異例。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中