市川海老蔵が思わず「なんか不思議」 麻央さんの時計に起こったコト 

印刷

   歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(40)が、自宅で起きる「不思議な」現象を明かした。

   妻の小林麻央さんが亡くなった後に動かなくなっていた、彼女の時計がなぜか...。

  • 市川海老蔵さん(写真は2016年6月撮影)
    市川海老蔵さん(写真は2016年6月撮影)

「麻央とつながっているかのような」

   海老蔵さんは2018年1月20日、「我が家で起こる不思議な事」とのタイトルでブログを更新した。

   そこで、妻の麻央さんが亡くなってから彼女の時計が動かなくなり、「電池を入れ替えてもとまって」いると報告した。だがそんな動かないはずの時計が、なぜか「数日に何回か少し動くのです」という。

   海老蔵さんは「なんか不思議」とした上で、

「のこされたものからすると 時計が動くと 何か麻央とつながっているかのような錯覚におちいります。そんな事ないのにね」

とポツリ。「今動いていたので書いてみました。悪しからず」と明かした。

   海老蔵さんのこうした体験談には、ファンからも共感の声が相次いでおり、ブログには、

「麻央さんとつながっているように感じるお気持ち、とてもよくわかります」
「母として幼い子供達を遺して先立つことはどんなにかお辛いこと、妻としても愛する海老蔵さんと離れることはどんなにか...お心はお側にきっときっとありますよ」

などのコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中