富士フイルムがゼロックス買収 世界最大規模の事務機メーカーに

印刷

   富士フイルムホールディングス(HD)は、2018年1月31日、米ゼロックスコーポレーションの株式の過半となる50.1%を取得すると発表した。加えて富士ゼロックスとゼロックスの経営統合も行うとしており、富士フイルムHDはキヤノンやリコー、HP(ヒューレット・パッカード)を抜き、世界最大規模の事務機メーカーとなる。

   富士フイルムHDの古森重隆会長は31日の発表で、経営統合に伴って、規模の優位性はもちろん、「幅広い技術と優秀な人材、高いブランド力など最高レベルの経営リソース」を有することになるとし、市場領域の拡大に意欲を示した。

   今後は3社の強みを生かしながら、世界的な視野での顧客獲得を加速し、コスト競争力の向上などを目指していくとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中