2018年 8月 22日 (水)

有賀さつきさん死去、52歳 坂上忍「女子アナの見せ方を...」

印刷

   元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんが、52歳で亡くなっていたことが2018年2月5日、わかった。同日のスポーツニッポン(電子版)が「取材では1月末に他界」と報じたほか、「めざましテレビ」や「バイキング」(共にフジテレビ系)などでも訃報が伝えられた。

   闘病生活を送っていたとされるが、病名などは明らかになっていない。

  • 元フジテレビの有賀さつきアナウンサーが死去(画像は有賀さんのブログから)
    元フジテレビの有賀さつきアナウンサーが死去(画像は有賀さんのブログから)

「信じたくないという思いが強かった」

   有賀さんは1965年生まれ。88年にフジテレビに入社し、同期の河野景子さん、八木亜希子さんと共に「花の三人娘」として人気を集めた。英語検定、漢字検定で準1級を取得するほか、様々な資格を取得していたことでも知られる。

   92年にフジテレビを退社してからはフリーアナウンサーとして活動。2002年にフジテレビ時代の上司と結婚(後に離婚)し、長女を出産した。フジテレビが主催するアナウンススクールにも講師として参加し、後進の育成にも携わった。

   訃報をフジテレビ系の番組で最初に伝えたのは5日朝放送の「めざましテレビ」で、突然の知らせに、出演者らは

「ものすごく存在感があったし、3人の中でも一番華やかな存在だった」(軽部真一アナ)
「信じたくないという思いが強かった」(三宅正治アナ)
「とにかく明るく、パワフルに授業をしていただいて...。その印象がありますので、今回のことは本当にショックです」(永島優美アナ)

と、ショックを隠せない様子でコメントした。また、バイキングでも榎並大二郎アナが有賀さんについて、退社後もフジテレビのアナウンススクールで講師として長年指導に当たっていたことを話し、MCを務めるタレントの坂上忍さんも、

「52歳ですか...若いですね」
「ある意味女子アナウンサーの在り方、見せ方を変えた先駆け的存在」

と、突然の死を悼んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中