維新、足立議員を「大阪の自民党は共産党以下」などの発言で処分

印刷

   日本維新の会は2018年2月6日に開いた役員会で、5日に行われた衆院予算委員会での足立康史議員の発言に問題があったとして、党国会議員団幹事長代理の役職を解くとともに、当面、国会で発言の機会を与えないことを決めた。

   足立議員は5日の予算委員会で、

「大阪の自民党は共産党以下」
「共産党もびっくりの有権者だましの意見書を...」

などと述べたのに加えて、石破茂・元地方創生担当相と日本獣医師会をめぐる問題で、

「なぜ野党が石破さんを追求しないのかさっぱりわからない」
「石破元地方創生担当相は自民党の顔をしてますが、実は野党とグルかもしれません」

などと発言。河村建夫委員長(自民)から「他党を誹謗中傷しかねない発言」だとして注意を受けていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中