2019年 7月 22日 (月)

やくみつる「八角理事長の体制は10年続く」と断言 貴乃花が敵わない理由

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   日本相撲協会は理事選を終えて理事長選を迎えるが、やくみつる氏は現職の八角理事長の体制が「10年続く」と断言した。

   不祥事が続く大相撲界には、トップの理事長が責任を取って辞めるべきとの指摘もあるが、かつて力士暴行死事件後に再発防止検討委員会外部委員をつとめたやく氏は、協会の現在の顔ぶれから「長期政権」の理由を紐解いた。

  • やくみつる氏(2016年9月撮影)
    やくみつる氏(2016年9月撮影)

昭和30年代生まれの同世代にライバル不在

   やく氏は2018年2月6日放送の「バイキング」(フジテレビ系)に出演。3月に理事の中から選出される理事長について

「八角体制はこの先10年(5期)盤石。同期にライバルもいないので勝ち続けるだろう」

と断言した。

   盤石と言える背景には、「昭和30年代生まれの代表的な親方が、いま協会の主軸を占めている」ことがあるという。八角親方は昭和38年(1963年)生まれの54歳で、15年12月から理事長をつとめている。協会の定年は65歳。

   同年代の元横綱や大関の親方陣をみていくと、八角親方と同じ高砂一門には元大関・朝潮の高砂親方(昭和30年生)がいる。だが、弟子の元朝青龍が暴行事件を起こして10年に引退しており、この件で「味噌をつけた」と指摘した。

   元横綱・旭富士の伊勢ヶ浜親方(昭和35年生)も、17年11月に発覚した元日馬富士暴行事件で理事を自ら辞任し失脚した。元横綱・千代の富士の先代九重親方(昭和30年生)は前回理事長選後の16年7月に死去している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中