2018年 11月 16日 (金)

まるで女子?かわいすぎる「男性」料理研究家 注目の「いんくん」最速インタビュー

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ソウル出身で韓国料理研究家のファン・インソンさん(26)が、インターネット上で「かわいすぎる!」と話題だ。ツイッターには、元AKB48で女優の篠田麻里子さんに「似てる」との声も出ている。

   幼くキュートな顔立ちで、髪型はショートで明るい茶色に染めている。スラッとした細身のスタイルも目を引き、韓国ではモデルとしても活躍していた。だが実は、そんなファンさんは妻帯者。つまり、女性と見間違えるほどかわいらしい「男性」なのだ。

  • 「かわいすぎる」と話題のファン・インソンさん(画像はNiki’s Kitchen提供)
    「かわいすぎる」と話題のファン・インソンさん(画像はNiki’s Kitchen提供)
  • 横顔も「女性みたい」?(同)
    横顔も「女性みたい」?(同)
  • 韓国料理研究家として活躍中だ(同)
    韓国料理研究家として活躍中だ(同)

イノッチも興奮「女の子みたい」

   ファンさんは2018年2月6日放送の「あさイチ」(NHK)の料理コーナーにゲスト出演。スタジオに姿を見せると、番組MCの井ノ原快彦さんも「かわいらしい...」「女の子みたい」と思わずこぼしていた。

   この日のファンさんは、えんじ色のセーターの上に「いんくん」とのワッペンが胸に付いたエプロン姿。ワッペンは妻のお手製で、「いんくん」は自らの愛称。妻は日本人で、2人で歩いていると「姉妹」に間違えられることもあるという。

   可愛らしいルックスのファンさんには、井ノ原さんも興味津々の様子。調理中には「ナンパされたことあります?」と質問する一幕も。これに「まだないです」と返されると、井ノ原さんは、

「しちゃいそうだもん」

と笑っていた。

   そんなファンさんの姿には、番組の視聴者からも「かわいすぎる」といった反応が続々と寄せられた。ツイッターやネット掲示板には放送中から、

「女子かと思ったら男子だし奥さんいるしで衝撃」
「いんくん、完全に女子。しかもめちゃくちゃ可愛い」
「目から入ってくる情報(どう見ても女子)と耳から入ってくる情報(男性の声)が合わなくて、脳が混乱してる」
「まさか男性だとは!こんなにかわいい男子を見たら、女子としての立場がなくなるわ...」

といった書き込みが相次いでいた。そのほか、元バレー選手の木村沙織さんや元AKBの篠田麻里子さんなど、容姿が似ているという女性芸能人を挙げるユーザーも出ていた。

女性みたいとの反応は...「もう慣れました」

   ファンさんは日本人女性と結婚したことを機に、15年2月から日本で生活。韓国の大学で健康医学や栄養学を学んだことや看護師としての勤務、モデルとしての活動などの経験を活かし、今は美容や健康にもこだわった韓国料理の研究家として活躍している。

   今回の「あさイチ」出演で一躍大きな注目を集めたことについて、本人はどう思っているのか。J-CASTニュースは2月7日午後、ファンさん本人に電話でインタビューした。

   あさイチの出演からわずか1日で、すでに複数のメディアから取材の依頼が来ているというファンさんは、自然な日本語で「予想以上の反響で、本当にビックリしています」と話す。

   かわいらしいルックスに「女性みたい」との声が集まっていることについては、「もう、慣れました」と笑う。実際、少し前までは髪を腰のあたりまで伸ばしていたこともあり、昔からよく女性と間違えられていたという。

   子供の頃は、周囲から女性のような容姿でからかわれることもあり、一時は「男として良くない」と考えていたという。ただ、今では自分の容姿をポジティブに捉えているそうで、今回のネット上の反応についても、

「皆さんに注目して頂いて、素直に嬉しいと思っています」

と話していた。

   現在は料理研究家として東京都内の自宅で定期的に料理教室を開いているというファンさん。ネット上では、早くも芸能界進出に期待する声が出ているが、本人は「自分に声がかかれば嬉しいです。もしお話を頂いたら、そのときにしっかり考えてみたい」としていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中