2018年 6月 22日 (金)

貴乃花「私は正しかったと思います」 協会は「警察的に機能する組織ではない」

印刷

   貴乃花親方が2018年2月7日放送のテレビ特番でインタビューに応じ、弟子の貴ノ岩が暴行事件で被害を受けた際の自身の対応について、「私は正しかったと思います」と話した。

   当時、日本相撲協会に直接報告しなかった理由についても、自らの口から述べている。

  • 貴乃花親方(貴乃花部屋のウェブサイトから)
    貴乃花親方(貴乃花部屋のウェブサイトから)

「協会は警察的に機能する国家的な組織ではございません」

   貴乃花親方は7日放送の「独占緊急特報!!貴乃花親方105日沈黙破りすべてを語る」(テレビ朝日系)で独占インタビューに応じた。

   元日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が17年10月末に起きた際、親方は巡業先の鳥取県警察に被害届を出しつつ、日本相撲協会には自ら報告しなかった。

   真っ先に警察に行った理由は、

「協会に報告できるのであれば、少しでも事態を把握していきたいけれど、どういう状況の傷か、転んでできたのか、何か外圧があったのか、誰がいたのか、どこの場所なのか、まったく把握できない状態でしたから、すぐに警察に相談するべきだと」

との判断からだった。一方、協会への対応は、

「協会に報告しても、協会は警察的に機能する国家的な組織ではございませんので、協会ではなく公的機関で捜査権がある警察にお願いして良かったかなと思います」

とし、自身の判断について

「私は正しかったと思います」

とはっきり述べた。

   被害届を警察に出した後も直接協会に報告しなかったのは

「警察の方が『親方どうしますか。協会への連絡はどうしますか』と。私は『ここに来たからにはお任せします。協会には警察から連絡を入れていただけますか』とお願いして帰ってきた次第です」

という。

「私が語れば語るほどややこしくなる」

   さらに、11月中旬に事件が明るみに出てから、連日メディアが押しかけたが、親方は沈黙を貫いた。当時の心中について、

「私が語れば語るほどややこしくなる。協会に礼儀がないと言われてもしかりだと思います。警察にお願いした以上、最後の最後が終わるまで語ってはならないと思いますし、国家・警察への冒涜になる。私と貴ノ岩は沈黙する。相撲業界にいることの礼節を守ると、九州場所中も2人で話していました」

と貴ノ岩と同意の上だったこととあわせて話した。

   ただ、事件をめぐる情報は錯綜。貴乃花親方は、

「途中で出た、あまりにも事実とかけ離れた情報が多すぎる。一万歩譲っても、私個人が許容できたとしても、傷を負った被害者が土俵に上がれるかどうかを考えないといけない中で、あまりにもかわいそうなことでした。とにかく気持ちを補佐してあげること。これが今、親ができる、やるべきことかなと思いました」

と、「親」として思いやっていたことを明かしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中