2018年 6月 18日 (月)

千葉の新中学、性別問わずスカートOKへ 「ジェンダーレス」制服導入の狙いを市教委に聞いた

印刷

   体の性と心の性が一致しない人などLGBTの生徒に配慮しようと、2018年4月に開校予定の千葉県柏市立柏の葉中学校が、「ジェンダーレス」対応の制服を導入することになった。

   読売新聞などで報じられると、男子がスカートを選んだらどうなるのか、などとネット上で様々な声が出ている。

  • 導入予定のジェンダーレス対応の制服
    導入予定のジェンダーレス対応の制服

LGBTに配慮すべきだとの声が出て

   制服の写真を見ると、上着はみな中性的なブレザーで、下はスラックスかスカートが選べる。さらに、ネクタイかリボンかも選べるようになっている。

   柏の葉中学校では、隣接する柏の葉小学校の6年生が1年生になり、近隣中学に通う同小学校卒業生が2、3年生になる。柏市教委の学校教育課にJ-CASTニュースが2月8日に取材したところによれば、市立中学校は、開校後に生徒らが制服や学校生活をどうするか決められるようになっており、市教委が入学予定者88人の保護者にそのことを説明した。

   しかし、「入学式などで子供に制服を着せたい」などの声が上がり、アンケートした結果、約9割が制服でいいとの意見だった。そこで、入学予定者や保護者、教職員や地域住民らでつくる「制服・校内服等検討委員会」が発足し、どんな制服がいいかを議論した。

   市立中学では、男子は詰襟、女子はセーラー服となっていたが、検討委では、LGBTに配慮すべきだとの声が出て、ジェンダーレス対応の制服導入が決まった。

   入学予定者が性別を問わずスカートも選べることになるが、ネット掲示板などでは、「男子がスカートでもええん?」「これ実際に子供側からの需要あるんだろうか」「更衣室とかトイレはどうするの?どちらを選んでいいの?」と疑問点などが書き込まれている。

「中学校がケースバイケースで対応」

   柏市教委の学校教育課は、入学予定者の中にLGBTの子供がいるのかや、実際にスカートを選んだ男子はいるのかについて、取材にこう答えた。

「時期的にもう制服選びは終わって何を着るかは決めていると思いますが、LGBTの方には、カミングアウトしたくない人などもおります。ですので、こちらが把握すべきことではないと考えています」

   スカートを選んだ男子がいるとすれば、トイレをどうするかについては、こう話した。

「LGBTの方には、その程度によって、学校生活に配慮していきます。具体的には、開校してから、中学校が状況を踏まえてケースバイケースで対応することになると思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中