台湾地震で「募金が届かない」悪質デマ拡散 名指しで批判され、「法的措置も検討」の団体も

印刷

   2018年2月7日未明(日本時間)に台湾東部で発生した地震を受け、日本国内でも寄附などの支援を呼び掛ける声が高まっている。そんな中、インターネット上では、「台湾の地震で募金する時の注意事項」との書き出しで始まるツイートの拡散が進んでいる。

   このツイートは、特定の団体や募金運動を名指しする形で、集まった寄附金が被災地に届かないなどと主張し、寄付を避けるよう呼びかける内容だ。投稿は8日夕時点で6万回以上もリツイート(拡散)されており、その内容を信じるユーザーも続出している。

   だが、このツイートで名指しされた団体や募金の主催者にJ-CASTニュースが取材すると、いずれも「投稿の内容は事実ではない」と否定。さらに、名指しされた団体の1つ「ピースウィンズ・ジャパン」の広報担当者は取材に、ツイートの投稿者に対して「法的措置を検討している」と話した。

  • 地震の発生直後に拡散されたツイート(画像は編集部で一部加工しています)
    地震の発生直後に拡散されたツイート(画像は編集部で一部加工しています)

「知らなかった」との反応も...

   話題のツイートは、東京都内に住むという男性が7日未明、地震発生から約2時間後に投稿したもの。「台湾の地震で募金する時の注意事項ね」と切り出し、次のように記している(以下引用部分、原文ママ)。指摘の根拠は示していない。

「ドラえもん募金(朝日系列。一部しか届かず残りは朝鮮へ)
サザエさん募金(フジ系列。同じく。)
日本ユニセフ(一番ダメ。アグネスチャンやスタッフの収益に大半が消費される。)
ピースウインズ(北朝鮮系。言わずもがな。)
募金する際は直接日本赤十字へ!」

   なお、上のツイートで名指しされた4つの団体(募金)のうち、テレビ朝日福祉文化事業団の「ドラえもん募金」、フジネットワークシステム(FNS)の「サザエさん募金」、日本ユニセフに関しては、今回の台湾での地震を支援するための募金受付は8日夕時点で実施していない。

   だが、この投稿はツイッター上で爆発的に拡散された。8日夕時点で、リツイート数は6万2000回以上、集まった「いいね」の数は5万件以上にも及ぶ。さらに投稿のリプライ(返信)欄などには、

「これすごいね、週刊誌がほっとかないレベルの闇やん」
「基本、テレビ局・マスコミ系はダメですね」
「知らなかったな。かつて災害や海外移植が必要な人への募金のニュース見かけた時はドラえもん募金利用してたけど...使い道にそういう裏が」
「間違ってもユニセフやドラえもん募金に募金してはいけない」

とツイートの内容を信じるユーザーが続出。ただ一方で、「根拠を示していただけます?」「これは酷いデマだなぁ。しかも緊急時に」といった指摘も出ていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中