2018年 10月 16日 (火)

要潤に外国人が「うどん屋さんはドコデスカ?」 「さすがは副知事......」「オーラが」と感心する声

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優の要潤さん(36)が、新宿で外国人に「うどん屋」の場所を聞かれたとツイートしたことが、ちょっとした話題になっている。

   「うどん屋さんはドコデスカ?」。要さんは2018年2月8日、新宿でロケをしていてこう聞かれたと、ツイッターで打ち明けた。

  • 話題になったツイート
    話題になったツイート

「一瞬ドッキリかと思った」

   「一瞬ドッキリかと思った」というが、外国人からGoogleマップを見せられて、要さんは、こう答えた。

「ここに行きたいデース」

   どんなうどん屋を紹介したのかは書かれていないが、要さんは、この外国人に店への道を教えてあげたことを明らかにした。

   「うどん屋知ってるっぽい雰囲気は国境を越えているのか。俺」。要さんは、自虐交じりでこう漏らしている。

   というのも、要さんは、讃岐うどんの本場の香川県出身で、2011年からは「うどん県副知事」として県の広報活動もこなしている。

   最近では、年越しそばならぬ「年明けうどん」のキャンペーンに登場したり、瀬戸内海を一望する高台で移動式カフェ「UDON-KEN」店主としてPR動画に出たりといった活動をしている。

   要さんのつぶやきに対し、ツイッター上では、「さすがうどん県副知事ですね」「オーラが出ているのかもしれませんね(笑)」「副知事、ご公務お疲れ様です!」「要さんにうどん屋を案内してもらえるなんてなんてラッキーな外国の方」などと書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...