2018年 5月 27日 (日)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
大統領就任1年でも変わらない支持の中身

印刷

   2017年1月20日、私はトランプ氏を支持する知り合いのロブ(60代)の家で、大統領就任式をテレビで一緒に見た。

   2018年に入って、ロブの家に夕食に招かれた。食事が終わり、雑談をしていた時、「あれから一年が経ったけれど」と私が切り出した。

   トランプ氏のことになると、熱が入り、話が長くなると思ったのだろう。

   「あらら。じゃあ、私は洗い物をしてくるわ」と妻のベッツィ(60代)は笑いながら、テーブルの皿を片付け、キッチンに移動した。

  • ニューヨークの自宅でトランプ大統領について語るロブ。左は妻のベッツィ
    ニューヨークの自宅でトランプ大統領について語るロブ。左は妻のベッツィ

「トランプが言っていることは、本当のことだ」

   大統領選の山場といわれるスーパー・チューズデーの日(2016年3月1日)も、ロブと妻のベッツィと一緒にテレビを見たが、トランプ氏は品がなく挑発的な発言を繰り返してきたと、二人は快く思っていなかった。「メキシコとの国境に壁を作り、費用はメキシコに持たせる」という発言にも、反発を感じていた。彼らの息子はメキシコ移民の女性と結婚したばかりで、国境からわずか5、6キロの距離に住んでいた。

   「ウォール街と癒着している」などの理由で、ヒラリー・クリントン氏を毛嫌いしているロブは、トランプ氏を支持せざるを得なかった。が、トランプ氏の発言を聞いているうちに、「きれいごとをいうだけで実行しない政治家と違い、彼にはリーダーシップがあり、現状を変える力があるかもしれない」と希望を抱くようになった。

   それでも、就任式の時には、「これからどうなるかは、わからない(It remains to be seen.)」と、私に繰り返していた。トランプ氏にこの国を託すことへの期待と不安が交錯していた。

   一年たって、「ロブは今、トランプ氏をどう見ているの」という私の問いに、彼は迷わず答えた。

「トランプの軽率な言動には、今も戸惑いを感じる。この前、ハイチやアフリカ諸国について『糞の穴』(shithole)という言葉を使ったこともそうだ。僕があんな言葉を聞きたくないのは、君もよく知っているだろう。でも、トランプが言っていることは、本当のことだ。政治腐敗や治安のことを言っているのに、何でもかんでも人種差別と結びつけて批判される。しかも、アメリカ人の半数は、ああいう言葉を平気で使っている。トランプはこの国を代表する大統領じゃないか、と人々は言うが、彼は神でもなければ、ローマ法王でもないんだ」
「オバマはどういう言い方をしたらいいか、いつも慎重に言葉を選んだ。トランプはそういうことは一切しない。直球でモノを言う。ツイッター漬けは少し自粛してほしいが、あれはメディアを介さず、直接、僕ら国民と対話したいという彼の思いだ」
「僕が彼に期待する気持ちに、1年前と変わりはない。これまで大統領たちが、やると言い続けて放置してきたことを、トランプは実現しようと頑張っている。北朝鮮のことだって、いつか核を放棄するだろうと、これまでの大統領はずっと待ち続けた。結局、事態はさらに悪化する一方だ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中